一人暮らしに役立つ

ひとり回転寿司行くならおすすめは?くら寿司。【おひとりさまですよ〜】

一人暮らしをしているとたまにお寿司食べたくなりませんか?

いくら入りやすい回転寿司とはいえひとりで行ったことないし、なんか恥ずかしい。
そもそもひとりで行って大丈夫なの?と思っている人もいるかもしれませんね。

アリアリのアリです笑

ぼくもひとりで食事に行く時はめんどくさいから絶対に知り合いに会いたくないと思うタイプですが、

結構ひとりで行く方はいますし、女性ひとりも気軽にいますので安心してください。

そんな人のために回転寿司チェーンに毎週ひとりで行っているぼくが、おひとりさま目線で比較をしてみました。

正直、個人的には味も価格もどこもどっこいなので、それ以外の細かい所などが中心となっています。

まだひとりで行ったことない人は是非参考にしてみてください。

ひとり回転寿司の基本の心構え。【おひとりさまですよ〜】

ひとり回転寿司。全然大丈夫です。まったく問題ないです。

でもなんかちょっと恥ずかしいような気持ち笑引っさげてますよね?ぼくは今だにそうです。

でもここで乗り越えなければ、ひとり回転寿司デビューは遠のいてしまいます。

いやっ、どうしてもお寿司が食べたいの!そんな素直な気持ちを大切にしましょう。

あなたのこと誰も見てないのに気にしちゃうのが性格ってやつですね。

がんばりましょう。

ひとり回転寿司の良いところ

いろいろありますが、まとめると、

  • 並ばない
  • 好きなものを自由に頼める

だと思います。

ひとりだと基本的にはカウンターになるので、

家族連れが多い回転寿司では並ばず、すっと入れることが多いです。

ぼくの場合は死ぬほど並ぶのが嫌いなので、週末のごはん時は避けますが、

平日や時間帯を考えれば待ったことは一度もないです。

週末は駐車場で車の量を見て残念ながらあきらめる時もあります!

ひとり回転寿司のちょっといやなところ

  • 知り合いに出くわす
  • ちょっと高くなる。かも

①知り合いに出くわすとなんか最悪。すぐ帰る。これ鉄則。

ひとりで気軽にオフな感じで食べたいので、

スイッチオフな状態のぼくは予期せぬ知り合いとの遭遇は疲れます。

そんな感じで今日お寿司食べに来てないのに〜帰ろう。と。

②回転寿司は『一皿100円』みたいなイメージが強いと思いますが、

なんだかんだトータル1500円〜2000円くらいはいきます。

一皿100円なのは事実ですが、100円以外のお皿もあるし、デザートもあるので、

ひとりでせっかくたべるなら、そんなこと気にしないで楽しく食べるに徹した方が良いです!

どのお店もお酒も置いてあるので、好きな人はしっぽり飲むこともできます。

ひとり回転寿司の基本

  • カウンター席
  • わさび抜きが基本。別添えのわさびを使う
  • お茶はセルフサービス
  • タッチパネルから注文
  • お会計はタッチパネルの会計ボタンを押す

①ひとりの場合基本的にはカウンター席になると思います(テーブル選んだことないから分からないですが)

②回転寿司は基本的にわさび抜きでレーンに流れています。
わさびを使いたい方はレーンに小袋が流れていたり、別に用意されています。

③ご存知の方も多いと思いますが、回転寿司ではお茶は自分で作ります。

粉末のお茶を湯呑に入れてお湯を注ぐスタイルです。

④食べたいものを注文する時はタッチパネルから好きなものを選んで注文します。

⑤お会計はタッチパネルの会計ボタンを押すと、

店員さんがお皿の枚数を数えに来てくれて、レジでお会計という流れになります。

ひとり回転寿司勝手にランキング【おひとりさまですよ〜】

くら寿司【ひとり回転寿司第1位】

くら寿司皿カウンター

なんだかんだ、これが好き!!!っていうよりも、ひとりで気軽にくるのにマイナス点が少ないといった優秀さで第1位に選びました。

『なんとなく好き』は結構強いんですよね〜

  • 天丼(370円+税)がちょうどいい。
  • 注文品は専用レーンで流れてくる。
  • 皿を自分の席の前にある溝に入れていけば良いので、スペースがある。
  • わさびが小袋じゃなくて使いやすい。
Shu
Shu
ぼくはサイドメニューとかは基本的に頼まないけども、くら寿司の天丼はたまに食べたくなるちょうどよさがある。

ちょっと気になるな〜という点はタッチパネルの高さがちょっと高いのでめんどくさい笑

正直くらバーガーとかシャリコーラとかやってないでお寿司に力を入れて欲しいという気持ちはあります。

あとTwitterであほ動画あげてるのは、気にしないです、というかお店が可愛そうだと個人的には思います。

はま寿司【ひとり回転寿司第2位】

  • 醤油に種類があって選べる(ボトル注ぎ込みタイプ)
  • ペッパーくんがお出迎えしてくれる(正直2回目からどうでもいい笑)
  • 平日90円+税(最安)

わさびはレーンに流れている小袋を取って使います。

Shu
Shu
良くも悪くも普通。これはこれでいい。
ぼくが行っている店舗だけかもしれないけど、流れていない笑 フル注文システムにある時から変わっていました。

スシロー【ひとり回転寿司第3位】

  • 売上1位なだけあってネタは一番ちゃんとしている気がします
  • タッチパネルはちょうどいい高さで注文しやすい
  • 他店よりデザートが豊富で選ぶのが楽しい!

わさびはレーンに流れている小袋を取る。

Shu
Shu
黄色いお皿がダサい。
湯呑がプラスティックでさぶい。
しょうゆがプッシュ式でなんか腹立つ笑
そういえばウニがない。イカウニはある笑

かっぱ寿司【ひとり回転寿司第4位】

なにも覚えていないくらい、なにもなかった、印象がない。ごめんなさい。。。

業界としてもひとり売上低迷しているとのことで、ちょっとお客さんの満足を得られていないのかな?

と何も覚えていないのに堂々のベスト4です!

ひとり回転寿司ってアリ?どこが行きやすい?を教えます!【おひとりさまですよ〜】まとめ

今回は、回転寿司チェーンに毎週ひとりで行っているぼくが、おひとりさま目線で比較をしてみました。

正直、味も価格もどこもどっこいなので、それ以外の細かい所などをまとめてみました。

基本的にはファミリー層がターゲットになると思うので、

おひとりさまを配慮しているわけではないと思いますが、ひとりでも十分楽しめるようになっています。

まだひとりで行ったことない人は是非参考にしてみてください。

ABOUT ME
Shu
『好いかげんに生きる人』 <プロフィール詳細>