ファッション

アシックス-ゲルカヤノ25【かかとが痛い人におすすめの靴】

クッション性が抜群のアシックス-ゲルカヤノ25という靴をご存知ですか?

なんかずっと立っていると、かかとが痛いな〜、それが気になって集中できないなと悩んでいたりしませんか?

ぼくは高校生の頃からかかとの痛みを感じていて、

靴についていろいろ悩んできて、靴を変えてみたり、インソールを良いものに変えてみたり、

靴下を厚めのものにしてみたりと、

靴に関しては人一倍敏感だと自負しています。

僕の中ではおそらく原因は

  • 足のアーチの低さ
  • 靴が合っていない(ホールド感)
  • 立ち方が悪い

にあると思っています。
採寸をしてもらった結果からも若干アーチが落ちてきているのも判明しました。。。

そんな同じような悩みをかかえる方に、ぼくの場合走る仕事(文字通り)を通じて、

ゲルカヤノ23〜25まで5足ほど履きつぶした個人的な感想を交えて

アシックスのゲルカヤノ25をおすすめしたいと思います。(メンズ・ウィメンズあるので気を付けてください)

本来の用途はランニングシューズですが、それだけにゲルカヤノを使うのはもったいないです!

アシックス-ゲルカヤノとは【かかとが痛い人におすすめの靴】

アシックスの最新モデルのランニングシューズです(2018年6月発売)。

本来はマラソンなどを練習する方向けのランニングシューズですが、

  • クッション性
  • ホールド力

に優れていて、普段遣いとして、またぼくのようにかかとが痛い人に是非試してほしい一足です。

ゲルカヤノの性能

なによりも、クッション性とホールド力が抜群です。

ゲルカヤノ25機能1ゲルカヤノ25機能2
  • 履いた瞬間にホールド感が違うのとクッション性
  • 歩きだしを送るかのような反発力

幅は3種類(スリムとエクストラワイドは一部のみ)

  • スリム(一部モデルのみ)
  • 普通
  • エクストラワイド(4E)(一部モデルのみ)
ゲルカヤノ25幅

ゲルカヤノ25のカラー

15種類程あるようで、特別モデルもあるみたいです。(ぼくが購入した時はもっと少なかったし高かったです)

ゲルカヤノ25カラー
特別なカラーもあるようです。

ゲルカヤノ25特別カラー

見た目はすっきりというよりかは、若干存在感があります。

ゲルカヤノ25の価格

1万円前後(モデルや販売店により少し違います)

もう少し安いほうが嬉しいなと言う方はカヤノ24がおすすめです。

旧モデルでもゲルカヤノのクッション性を味わえます。

ぼくの場合は結局比較がしたかったのと、カヤノ愛を発揮したい気持ちに駆られて最新モデルを買ってしまいました。

店舗よりネットの方が価格も安く、在庫も豊富だったので結局ネットで購入しました。

大好きなゲルカヤノ23は今はもう販売している所を見つけられませんでした。

アシックス-ゲルカヤノ25のレビュー評価【かかとが痛い人におすすめの靴】

ぼくがはじめてゲルカヤノを買ったのは23のモデルですが、

  • 履いた瞬間にホールド感が違うのとクッション性
  • 歩きだしを送るかのような反発力

正直デザインもうちょっとかっこよくできるだろ笑と思ったことはありますが、

さすが日本人の足のために作っているアシックスの最上位モデルだと思いました。

はじめはかかとの痛みにはクッションだ!とクッションばかりに気を取られていましたが、

クッション性もさることながら、しっかりホールドされているかどうかがかかとの痛みや靴を履く上で大切です。

楽にゆるく、ではなく、しっかりホールドしてブレやかかとが付いてこないなどをなくすことで足の負担は全然違います。

Shu
Shu
ランニングシューズとしても愛用者は多いんだろうけど、普段遣いとして認知されていないのはもったいない!

カヤノを履く前はニューバランスとかナイキの5〜6千円ほどのを履いていたけど、全然違う(値段が多少違うので当たり前と言えば、当たり前です。)

アシックス-ゲルカヤノ25【かかとが痛い人におすすめの靴】

アシックス-ゲルカヤノ25のご紹介でした。

ぼくのように長年かかとの痛みに悩んできた方に

特に

  • 足のアーチの低さ
  • 靴が合っていない(ホールド感)
  • 立ち方が悪い

方におすすめなので、是非試してみてください。

車を運転する方にもちょうどいいですね。

スニーカータイプの足に優しい靴はこちらもおすすめ↓

スピングルムーブ(Spinglemove)レビュー【バルカナイズド製法】スピングルムーブ(バルカナイズド製法)とは 広島で作られている、バルカナイズド製法という手法を使ったハンドメイドスニーカーです。 興味...
ABOUT ME
アバター
Shu
『好いかげんに生きる人』 <プロフィール詳細>
同じカテゴリの記事です。