はじめての革靴作り

パターン(型紙)作り【革スリッポンが作りたい】

型紙作り【革スリッポンを作りたい】

今回は行程②の型紙作りです。

前回は行程①のデザイン決めをしましたので、ちょっと振り返ると、

①デザイン決め【革スリッポンが作りたい】

革靴作りデザイン決め

こんなイメージで、

  • 茶系の革スリッポン
  • ストレートチップ

を作ります。

②型紙作り【革スリッポンを作りたい】

デザインが決まったら、

まず、バンプと呼ばれる甲の先の部分やくるぶしの位置などに、

細い黒いテープで印を付けセロハンテープで動かないようにぐるぐる覆います。

そしてゲージと呼ばれる、テーピングのようなベージュのシールをラスト(木型)に貼っていきます。

こんな感じに。ぐるぐる覆われちゃいます。

型紙作り①

で印を付けた部分を軸に鉛筆でデザインを描いていきます。

Shu
Shu
描いている時は必死で、これがパターン(型紙)になるんだからしっかり!
みたいな余裕はなかったです笑

全体像が頭に入っていないので、力の入れ具合や失敗したらどうしよう、

と勝手が解らない段階でもありました!

途中でぼくが、

  • パイピングがしたい(革の端の処理の仕方)
  • ストレートチップにスタッズ入れたい

と騒ぎ出したもんですから(スタッズはジョークです)、

しっかり縫製するには〜
ラストが抜けるようにするには〜

と先生と協議しながら完成させていきます。

でデザインをラストにおこしたら、カッターでゲージ(ベージュのテープを)切っていきます。

型紙作り②

こんな感じで切り取ったゲージを基に厚紙に貼ってからパターンを作っていきます。

Shu
Shu
パターン作るのってこんなに大変だったのね。

ゲージ切って貼ったらすぐだと思ってた。

ルレットっていうピザを切るギザギザの小さい版のやつで、

革のを切る外側のラインに跡を付けてから、パターンを切り出します。

はじめての革靴の作り方【革スリッポンが作りたい】に戻る

ABOUT ME
アバター
Shu
『好いかげんに生きる人』 <プロフィール詳細>